読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしくさのおもいで

暇にまかせて。

おぼえらんない

伴侶の趣味の一つにカメラがある。

私も伴侶の趣味に乗っかって、色々教えてもらったりしてる。

けどね、もうね、全然頭に入ってこないの。

F値とか、被写界深度とか、露出とか、シャッタースピードとか、広角とか望遠とか、頭、こんがらがりそうだよね。こんがらがりそうていうか、こんがらがっちゃってる。

なので今やってることは、構図を決めたらとにかくピントを合わせて撮って撮って撮りまくる。色んな設定で撮りまくる。しかし撮るのは良いけど、私の場合、現像が億劫で・・・。現像してると、どれが正解なのかわからなくなって永遠に終わらない気がしてしまいます。私の理想としては、見たままの世界に近づけること、なんだけどそれが難しい。

それに比べて伴侶は偉い。一枚一枚ああでもないこうでもない、とちゃんと頭を使いながらきちんと写真の調整をするんだから。写真好きな人たちって皆そうやってしてるんですかね?私は伴侶しか知らないからわからないんですが、凄すぎます。尊敬です。

ちなみに伴侶はどこへ行くにもカメラを持ち歩き、たまちゃんのお父さん並みに私を撮りまくります。美人でもなくスタイルも良くない私を・・・!!デブな私を!!すんごい時間かけてとるからさ・・・いつもちょっと、いやだいぶ恥ずかしいです。道行く人々絶対

おいおい、このデブ撮ってんのかよ・・・ぷ。

って思ってる・・・。伴侶は長身痩せ型なので対比もすごいことでしょう、恐らくは。

頑張って痩せようってゆう話でした。