読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしくさのおもいで

暇にまかせて。

閉じた世界

 

先日、うどんを打ってみた。

 

f:id:dangomushin:20161201093935j:plain

 

きつねうどん。

子供の頃は、出汁の効いたツユに甘い油揚げが乗っているのが許せなくて、きつねうどんは絶対食べなかったんだけど、最近は、これがたまらなくなっている。

この揚げを食べたいがためにうどんを作った。

そしてこの揚げはとっても美味しく炊けて、2枚食べた後、追加してまた2枚も食べてしまった。

 

f:id:dangomushin:20161201093916j:plain

 

 

もう少し、麺を細くした方が食べやすかったので、次はその様に。

うどんは簡単に出来る、という気づきを得ました。

・・・・いや、うどんなのか?私の作ったモノは本当にうどんだったのか?うどんらしきものと言うべきか。

 

ものを作っていると、名前のないものに良く出くわす。

もしかしたら私が知らないだけで、名前があるのかもしれない。けれど生まれてきたそれが何なのか、名のあるものを作ろうと手順を追って作っても、それがそれである証明が私にはできない。

彼のモノが、ビスケットなのかクッキーなのか、タルトなのかパイなのか、ショートカットなのかセミショートなのか、ボートネックなのかラウンドネックなのか・・・

 

曖昧な境界線で名前が分けられているもの、または別の似たものが同じ名前の時、私はその度にそれが何であるか考えてしまう。

考えた挙句、自分が正しいのかどうかわからず、今度は自分を疑い始める。

けれど、いくら疑ってみても、答えは出ない。

 

 

 

思い切って、いのっちにこの前食べたのってうどんで良いんだよね?って聞いてみた。

 

 

うどん以外の何なの?

 

 

と言われた。

 

 

やっぱりうどんだった。

今回うどんがうどんであるのか疑ったのは、極端だったと自分でも思う*1

 

 

 

 

 

 

*1:そういう遊びの一種