読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしくさのおもいで

暇にまかせて。

ちょっとずつ

 

今年に入ってからやる気のなさがすごい。

色々としないと、と思うのだけど如何にもこうにも動かない。

今までこんなにもやる気のないことがあっただろうか。

心も部屋も荒れている。(部屋は年中荒れています)

時間はどんどん流れている。

撮った写真も溜まる一方。

少しずつでも整理しておこうと思って、今日は午前中に少しだけいじってみた。

本当はもっとした方が良いことはあるんだけど、初動として写真をいじってみるのは中々良いです。

 

 

 

大大根2本と、小より大きく中より小さい大根。

f:id:dangomushin:20170112133033j:plain

 

 

大根突きは、突きやすいように、父親がそういう風にしていた。

f:id:dangomushin:20170112133321j:plain

 

 

特製の切り干し大根干し台に干す。この時は1枚でちょうど良い量だった。

f:id:dangomushin:20170112133424j:plain

 

昔は祖父母が大量に作っていたけど、畑で乾かしていたし、全く興味がなかったので見たことがなかった。

f:id:dangomushin:20170112133347j:plain

 

切り干し大根作りに携わったことがなかったので、こんなに太い切り方で大丈夫なの?と、思った。

 

 

翌日。

f:id:dangomushin:20170112133432j:plain

 

おおおお・・・どんどん乾いてゆくのですね。

 

f:id:dangomushin:20170112133416j:plain

 

でも、も少し。

 

 

午後にはすっかり乾いた。

f:id:dangomushin:20170112133408j:plain

 

あんなにたくさんあったのに、これだけに成るんだな・・・と、自分は好き好んで食べない(たまにめっちゃ食べたくはなる)けど、もっと作れば良かったという気持ちになった。

 

f:id:dangomushin:20170112133504j:plain

 

切り干し大根は、すぐ使わないのなら冷凍保存が良いらしいですね?

(私は食べ比べて確かめたりはしていない)

 

干さずに食べた時、すごく驚いたんだけど、今年の大根はめちゃくちゃ甘かった。

砂糖かと思った。

 

 

 

そうだ、それと、大根といえば、父母に自分が作ったツマを食べさせた。

冷水にさらした大根は瑞々しくて、透明でキラキラして、春雨のようだった。

実際、刺身と一緒に盛ったのに、父親ははじめ、春雨だと思ったらしい。

「これ、私が作ったんだよ!」

「スライサーでしょ」

「いやいやいや、包丁で」

「嘘だ〜」

というやり取りをした。

嘘つき呼ばわり。でもこの時は嬉しかった。

その後、母が「これ包丁でやってたよ!」と言ったら、たいそう驚いていた。

母の言葉は信じるんかい。

そして、食べて、美味しい!と言っていた。

シャクシャクして甘くて本当に美味しかった。

やっぱり包丁で作ったツマは全然違う!

 

 

ツマの写真は撮ってないけど、その時のお刺身。

f:id:dangomushin:20170112135450j:plain

トロたく丼にして食べた。

 

 

 

午後は、家事を頑張りたいです。

ちなみに、今日のお昼ご飯は、湯豆腐、とろ鯵の干物、トマト、玄米を食べ、満足です。

よし、頑張ろう。