ほしくさのおもいで

暇にまかせて。

彼之日

 

 

 

 

f:id:dangomushin:20170625003737j:plain

 

 

 

f:id:dangomushin:20170625004409j:plain

 

 

 

f:id:dangomushin:20170625003746j:plain

 

 

 

 

f:id:dangomushin:20170625003754j:plain

 

 

 

f:id:dangomushin:20170625004400j:plain

 

 

五月初旬の「あのひ」

この頃の山は色がたくさんある。萌黄色の中の竹の黄色。

ベレー帽を被って出掛けた。

京都タワー

電車の最前。

夕焼け。

 

 

 

当たり前のことだけど、時間は流れている。