読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしくさのおもいで

暇にまかせて。

正喜撰

伴侶は私の母の料理が大好き。

そして母の淹れるお茶が大好き。

同じ茶葉で私が淹れても、違うんだよな〜〜〜と言って首を傾げる。

もちろん温度とか時間にも気を遣って淹れてるのに!

 

首傾げられると、いらっ。っとします。

でも伴侶自身は決して淹れない。

ご飯も絶対作らない。

 

ちなみに私の父もちょっと味付けが自分の好みじゃないと首を傾げる。

いらっ。です。

 

今はこないだ実家で貰ってきた伊勢茶を氷出しで淹れてるんだけど、やっぱり母が淹れたのと違う様で。

 

氷出しで同じ様にしてるのに。これはもうこっちの水が違うんじゃない?としか言いようがない。

私にはもうこれ以上出来ないので、これ以上氷出ししたお茶について何か言われても盛大にシカトしようと思います。

 

しかし実家で飲んだ伊勢茶(正喜撰)は美味しすぎでした。

やっぱ淹れる人が良いのかな?

 

・・・・・。